映画「Beyond the Waves 」自主上映会&ノーモア被ばく!みんなで話そうシンポジウムのお知らせ

 19

公開日 2019年10月18日

更新日 2019年10月18日

 

映画「Beyond the Waves 」自主上映会&ノーモア被ばく!みんなで話そうシンポジウムのご案内

 

【日時】11月2日 (土) 開演14:30(会場は14:00)〜19:00

【会場】セシオン杉並 丸の内線「東高円寺」駅下車より徒歩5分 「新高円寺」駅下車より徒歩5分

【料金】前売り券¥2,000 当日券¥2,500

【お申し込み先】tao4us@me.com

 

~この国はどこへ向かおうとしているのか ~
「福島へようこそ」の撮影中に山本太郎という男の存在を知ったアランは、 彼が発言を繰り返すことで、生業である俳優業が継続できなくなったという事実に 衝撃を受けカメラを回した。日本社会の排他主義に抗う波を作り、その波に市民と 共に乗り大きなうねりを作り出そうとする
山本 太郎を主人公に据えながら、ベルギー人監督の目を通した「日本の今」を描 く。ドキュメンメンタリー映画』Beyond the Waves『ビヨンド・ザ・ウェイブス」
監督/アラン・ドゥ・アルー 出演/山本太郎
(製作国:ベルギー 2018 年製作 65 分)

◆「 警鐘! 将来の大規模原発事故を受忍させるための被曝調査と除染 〜福島県伊達市の場合〜 」
・黒川 眞一 高エネルギー加速器研究機構名誉教授。 1945生まれ。 68年東京大学物理学科卒、73年東京大学理学系研究科物理 学専攻を単位取得退学。 理学博士。 高エネルギー物理学研究所(現・高エネルギー加速器研究機構)助手、同助教授、同 教授を経て、2009 年に高エネルギー加速器研究機構を定年退職。 11 年にヨーロッパ物理学会より Rolf Wideroe 賞、2012年に中華人民共和国科学院国際科技合作奨受賞など。 専門は加速器物理学。
・島明美 市民科学者(見習い中)第7回 日隅一雄 情報流通促進賞 奨励賞受賞 福島県伊達市在住。夫 と子ども 2 人原発事故後、一市民として膨大な情報開示請求をし、自分たちの置かれている実態を知るため、論文検 証に置いては科学者である黒川氏と共に検証を続けている。

◆「 原発事故と甲状腺がん・・・臨床医から見た問題点&私たちにできること 〜被曝と関連なし、と断言された子どもの甲状腺癌の謎〜 」
・牛山元美 さがみ生協病院 内科部長 島根大学臨床教授 甲状腺がん支援グループあじさいの会代表 3.11甲状腺がん子ども基金顧問 11311疫学調査団理事

◆ トーク内容は当日のお楽しみ!
・藤原ひろのぶ 社会のさまざまな問題に目を向ける中、“貧困”というテーマにたどりつく。 GOODEARTH 設立以降、ギニア・バングラ ディッシュ・ネパール等発展途上国と呼ばれる国々で貧困に苦しむ人々の問題の解決に取り組み、子どもたちへの食事支 援や現地雇用を創出するための事業を展開。 日本では月間200万PVを誇るサイト「健康のすすめ」の管理人として、全 国各地で積極的な講演活動を展開している。 年に数回、自ら現地に赴き、貧困国の暮らしの現状をインターネットサイト 等を通じ発信。 現地の人々にとっても、またそれらを支援する人々にとっても良い循環を生み出すことで、持続可能な 支援の仕組みづくりを目指している。 1980年生まれ。大阪出身、4児の父。
著書 『買いものは投票なんだ EARTH おじさんが教えてくれたこと』(イラスト:法生/発行:三五館シンシャ/発売:フ ォレスト出版、2018 年) 『ぼくらの地球の治し方』(発行:三五館シンシャ/発売:フォレスト出版、2019 年)

◇ゲスト ・渡辺照子1959 年生まれ。武蔵大学中退。5 年間のホームレス生活の中で子ども 2 人を出産。 連れ合いが失踪し 25 歳でシングルマザーに。 保育園の給食調理 や保険営業等を経て 41 歳で事務派遣に。 約 17 年勤務した時、派遣切りに合う。2015 年には派遣法「改正」阻止のた めに国会のロビー活動を展開。 同年、参議院厚生労働委員会に「宇山洋美」の名前で派遣労働の当事者として登壇。 2019年 れいわ新選組の公認候補として参院選全国比例区に出馬

◇ゲスト(福島イベント会場より中継) 今野寿美雄 1964 年浪江町生まれ。 1982 年放射線作業従事者となり原子力関連(東電福島第一・第二・東北電女川、原電東海、 JAEA もんじゅ、他)や火力関係(東電広野、鹿島、他)などで電気計装設備及び機器に関する建設工事、メンテナンスなど に従事してきた。 2011 年 3 月女川に出張中に被災し、現在は家族や浪江の人達と共に福島市飯坂温泉の復興公営住 宅に避難中。 子ども脱被ばく裁判原告団代表。 浪江原発訴訟原告。 原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、福島原 発告訴団・支援団、南相馬 20mSv 撤回訴訟、津島訴訟、生業裁判、山形住宅追い出し裁判などの支援者。